コーチ バッグ、コーチ アウトレット

コーチバッグ新品通販へ、ようこそ!こちらでは、コーチ バッグ、コーチ アウトレット、コーチ 財布、コーチ 長財布、Coach 新品を割引価格、特別価格で取り扱っています。新着商品から、定番商品まで多数取り扱っています。コーチバッグ新品をお探しなら、コーチバッグ新品通販でどうぞ!ただ今、送料無料です!
1941年(昭和16年)に、アメリカのマンハッタン・ガーメント地区のロフトアパートメントで創業。 当時はゲイル·マニュファクチャリング·カンパニーという家族経営の小さな皮革製品会社だった。 創業当時はまだ6人の職人だけの小さな工房で、意外にも男性向けの皮革小物を作っていた。 皮革(レザー)は使えば使うほどに味がでる。当時の職人達は、レザーの魅力をバッグで表現しようと試みていた。
「コーチ(Coach)」という言葉は、1500年代「馬車」という意味で登場し、「大切な人をその人が望むところまで送り届ける。」という意味から派生しています。
1840年代には、英国オックスフォード大学で、学生の受験指導をする個人教師のことを「コーチ」と呼ぶようになりました。現在よく知られているスポーツの分野で使われるようになったのは1880年代のことです。ボート競技の指導者が「コーチ」と呼ばれたのが最初でした。マネジメントの分野では、1950年代になりコーチという言葉が使われ始めました。当時、ハーバード大学助教授のMyles Maceが"The Growth and Development of Executives"(1959年)という本の中で、「マネジメントの中心は人間であり、人間中心のマネジメントの中でコーチングは重要なスキルである。」と位置づけています。
以降、1980年代になるとコーチングに関する出版物が登場。
1987年には、マネジメント・セミナーが開催され、アメリカを代表するコーチたち(George Allen・プロフットボール監督、Red Auerbach・プロバスケットボール監督、TimGallwey・インナーゴルフの著者、John Wooden・大学バスケットボール監督他コーチング研究者たち)が一同に介して、コーチングのテクノロジーについて語っています。