コーチ バッグ、コーチ 財布

コーチのバッグ、財布、長財布には、様々な選択あります。セクシーな黒、元気そうなグリーンなどです。コーチはいつも新鮮感をお客様に与えます。
Coachは1941年 ニューヨーク・マンハッタンで皮革小物工房としてスタートいたしました。美しいデザインと高い機能性をもつ洗練されたバッグ類をはじめ、革小物、ジュエリーなどにもクラフトマンシップとラグジュアリー感を表現する「ライフスタイルブランド」です。
2001年、CFDA(アメリカ・ファッションデザイナー評議会)のアクセサリー部門、最優秀賞を受賞。 1998年、「ネオ・コレクション」を発表。実用的で体になじむ事を目的にデザインされた、高品質レザーに代わる新素材を開発。 同年9月、スイスの高級時計メーカー「モバード・グループ」とライセンス契約し、「ウオッチ・コレクション」を発売。 スイス製の高性能ムーブメントと、付け心地の良い革ストラップやスタイリッシュなケース、ブレスレットが評価を得た。
コーチの革製品の特徴といえば、革の持ち味を生かした製品開発にあります。科学薬品を使っていない天然皮革は耐久性・機能性に秀でており、一つ一つが手作りで大切に出来上がっています。1962年には、レザー・アクセサリーの新事業立ち上げのため、ボニーカシンというデザイナーを迎え入れています。このデザイナーは映画「王様と私」という衣装を手がけていた有名デザイナーで、採用当初から「カシン・キャリー」を発表するなど、彼女の起用がコーチをさらに高みへと導きます。なお、日本への進出は1988年。三越と提携し、「横浜」「日本橋」にてオープンしています。
その後も、「ラルフ・ローレン」「トミー・ヒルフィガー」のデザインやマーケティングを担当していたリード・クラッコフを抜擢し、さらにコーチのブランド力を強固なものにしていきます。
現在でもよく見受けられる、ある意味コーチの代名詞的な「CC」ロゴのモノグラムデザインは、2000年の秋冬に誕生し、アメリカのトップブランドへ変貌を遂げました。